Search
  • Save Sekisui House

(社員U)

これまで、戸建て住宅はこれ程までに落ちこんだ事は有りませんでした。理由は、現体制になってから優秀な社員が沢山辞めてしまった事、営業社員のモチベーションが低下してしまった事、戦略が悪く他社と戦えない状況を作ってしまった事、が挙げられます。

現体制は現場経験が少ないにも関わらず現場に権限を与えず全て管理し、逆らう人を異動や退職させてしまう強権体制です。社員は皆上の顔色を伺い、心に思っていない発言をし、上に気に入られようと必死です。

管理畑の人事部や監査部等が現体制の支援を受け絶大な権力を保持している結果があと2年先あたりに業績の落ちこみとなって結果に現れると思います。

現体制は大株主である機関投資家とは既に話しをまとめているかもしれませんが、大株主の皆様には会社の現在の実態をよく見極めていただきたい。和田前会長の復讐ではなく会社を助けようと必死になって取り組んでくれているのです。

このままでは会社は長く続かないと思います。現場を仕切る工事店の皆様は、昔は良かったと皆言います。現体制では顔が見えず積水ハウスは遠くへ行ってしまったと言っています。渇いた関係になってしまいました。

175 views

Recent Posts

See All

(社員 AU)

私は、アフターを担当しており日頃巡回している中で、ここ2年程で定期点検の数、アンケートの発送件数等で非常に新築現場が少なくなったと実感しております。代わりに目に止まるのがローコスト住宅や他メーカーの家です。我が社の住宅は大変良い物と私は思います。また、営業の方も胸を張って売れる家と思います。しかし会社がこの様な状況では社員は十分能力が発揮されないと思います。これから創業以来の危機が訪れようとしてい

(社員 AT)

本当にこの状況で株主総会やるなんて異常です! 一人でも感染者出たら社会問題ですよ。 吉村知事があれだけ命を削ってメッセージ出して 今にも潰れそうな店が営業我慢して 日本中が一日でも悲願猶予がないそんな時に いろんな人の努力を全て無駄にするつもりなのか! 本当に恥ずかしい!

(社員 AS)

和田会長、勝呂専務、藤原常務、戻って来て下さい。 藤原常務が退任されて、積水ハウスは終わったと思った人は多いと思います。 中期経営計画、藤原常務イズムが盛り込まれていてワクワクしました。 机上でしか分からない方より本物のスーパースターが取締役の方が現場は燃えます。 今こそ積水ハウスに必要なのは本当の積水ハウスイズムで伝統の継承だと思います。 恩を仇で返す様な現代表取締役が軽率に人間愛だなんて語って

© 2019 by SaveSekisuiHouse.

Contact: sekisuihousegov@gmail.com

  • LinkedIn
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook